ひかり園

新潟市北区の保育園 ひかり園のホームページへようこそ!

Tel 080-5459-3805

園行事

クリスマス会&希望の園・慰問

先日のクリスマス会(12月13日)では、お足元の悪い中お越しいただきましてありがとうございました。 アドベントクランツが飾られ、ろうそくが一本ずつ増えていくのを毎週楽しみに登園していた子どもたち。当日は全員出席で迎えることができ、とても嬉しかったですね。 第一部では、ろうそくの灯りと共に静まって礼拝を行いました。北新潟キリスト教会の原山先生からのメッセージを聞いて、改めてクリスマスの意味を知りました。また特別演奏では日比野さんご夫妻に「ひかり園のクリスマス」を演奏していただきました。初めて聞く優しいお歌に子どもたちもうっとりしていましたね。子どもたちも暗唱聖句(ヨハネ3:16)を心をそろえ伝え合い、クリスマスの讃美歌「かいばのおけに」「きよしこの夜」を神さまに向かって讃美いたしました。献金では「神さまの喜ばれること」の意味を受けとめ一人一人ができることをお捧げしました。ご協力に感謝いたします。

P1060925

P1060924

第二部ではお部屋を明るくしてクリスマスの喜びをおゆうぎや劇で楽しく分かち合いました。 ひよこ組さん、ことり組さんのおゆうぎ「冬のプレゼント」とっても可愛い姿でしたね。振り付けもばっちりのことり組さん、自信をもって楽しそうにダンスしていました。ママと一緒のひよこ組さん、なんと誰も泣かずに!最後までいきいきと踊れましたね。

P1060719

続いてゆり組さん、ばら組さん、すみれ組さんによるピアニカ「きらきらぼし」の合奏。さんび「両手いっぱいの愛」。楽器あそびが大好きな子どもたち、きれいに音がそろいましたね。 ゲストには小林雅彦さんのリコーダー演奏!「アヴェ・マリア」と「G線上のアリア」。リコーダーの透き通った音色がホールに響きました。保護者の方々とご一緒にクリスマスの讃美歌を歌うことができたのも恵みに満たされた暖かい時間でした。 最後は「聖誕劇・イエス様のお誕生」およそ一か月前から「今年は誰がマリヤさん?」「博士さんになりたいなぁ」と劇ごっこが始まるのを楽しみにしていた子どもたち。当日の朝も一人ひとりに先生たちが言葉がけしましたが、やはり緊張の表情!「まちがっても絶対みんなで助けるよ!大丈夫!」と心をひとつに入場しました。

120

138

148

170

胸を張って演じきることができました!暖かく見守って下さり感謝です。雪の降る寒い日のクリスマス会でしたが、神さまの祝福にあふれたひととき。素晴らしい一日となりました。

 

さて、昨日はこの聖誕劇を「希望の園」にもお届けに行って参りました。

231

249

「おじいちゃんとおばあちゃんに喜んでいただけますように」「神さまのお手伝いをしましょう」と祈り心をもって劇をしました。ゆり組さんにとっては最後の聖誕劇。悔いのないよう精一杯をお捧げした子どもたち。お帰りの時には「もっと僕の役やりたいな」なんて声も聞こえました。

クリスマス会は終わりましたが、今週は毎日アドヴェントカレンダーをめくりながら12月25日を待ち望んで過ごしております。寒い中、体調を崩しているお友だちは早く良くなりますように。みなさんに素敵なクリスマスが訪れますように。お祈りしています。